top of page

設備メンテナンス

施工事例 01

設備メンテナンスとして、工場内のダクト等の補修も行います。
穴が開いてしまったダクトを現場から取り外し、社内の作業場に持ち込んで溶接などで補修します。キレイに仕上げたのち、現場に戻し取り付けます。

施工事例 02

施工現場

①多箇所の汚れの付着を最小限に抑えるために、清掃対象のダクト周辺をビニールシートで養生します。
②高所作業車・ハシゴ等でダクトを分解し、内部の堆積物を清掃。ご要望に応じて排気ファンのインペラケーシング内も清掃します。
③ダクト復旧後、周辺の養生を撤去しながら、周辺の清掃をして作業完了です。

施工事例 03

古い建屋の土間は長年重量物を設置していたり、設備の入れ替えなどでえぐれてしまったり、場所によっては地盤沈下が起こるなどして、不陸が酷い場所があります。それにより、ハンドリフトのツメが床に引っかかり移動が困難になったり、足を引っかけ転倒の原因になります。事故の防ぐためにも、対象範囲をいったんハツり、土間をコンクリートで打ち替え。硬化後、再塗装します。柵を設置することで、歩行者と車両(トラック、フォークリフト)の通行、作業エリアを分離し安全を確保し、事故を未然に防止します。アスファルトの状態が悪いと標示が描けない、描いてもすぐに割れたりするので、場所によってはアスファルトの補修も行います。

施工事例 04

工場の屋根裏の柱や梁には大量の粉塵が蓄積されます。広範囲に作業足場を組んでバキューム車や高所作業車を使用し清掃します。 清掃時、粉塵の飛散を最小限にできるように心がけます。 特に火を扱う職場では防火対策として、定期的な粉塵除去が必要です。

工場の天窓に付着した粉塵、ヤニ汚れも清掃することで、工場内が明るくなります。

bottom of page